2015年10月29日

吉野町復興公営住宅カーシェアEV鳴子温泉旅行レポート

10月29日、エコEVカーシェア事業で私たちがサポートしている吉野町復興公営住宅で、シェアリングされている2台のEVで行く鳴子温泉旅行が行われました。毎月行われている団地会主催のお茶っこで、温泉に行きたいといった声が上がり、秋頃鳴子温泉に行こうという事になり、この団地では、初の旅行企画として今回の実施に至りました。

IMG_2641.JPG
(お茶っこの様子)

IMG_3280.JPG

申込者が多かったため、普段活用いただいている2台の電気自動車に加え、8人乗りのてんぷらカーの3台、総勢16人で朝8時に出発しました。

IMG_3283.JPG

IMG_3282.JPG

IMG_3286.JPG

1時間半位のドライブのあと、最初の目的地あら・伊達な道の駅に到着しました。

IMG_3290.JPG

休憩や買い物をしている間に、2台の車を充電です。

IMG_3312.JPG

みなさん、たっぷり買い物を楽しんでいらっしゃいました。
(EVの荷物置き場がいっぱいになっている車もありました)

IMG_3309.JPG

IMG_3302.JPG

IMG_3316.JPG

35パーセント位だった電気残量を70%くらいまで充電し、次の目的地鳴子峡に向かいました。

IMG_3320.JPG

鳴子峡に到着。

IMG_3322.JPG

鳴子峡は、ちょうど紅葉が見ごろででした。

IMG_3327.JPG

自由時間をとって思い思いに散策しました。

IMG_3342.JPG

IMG_3352.JPG

IMG_3335.JPG

紅葉の美しさに胸いっぱいになったところで、最終目的地の鳴子温泉「農民の家」に向かいました。

IMG_3357.JPG

ここでバスの車庫に備付けられている100V電源を2か所お借りして、施設で過ごしている間、車の充電をさせていただきました。
農民の家さん、ありがとうございました。

IMG_3383.JPG

施設についたらまず、ひとっぷろ。

IMG_3362.JPG

裸の付き合いが生れ、ホクホクした所で、お待ちかねのお食事タイムです。

IMG_3366.JPG
(会長のご挨拶)

リラックスした雰囲気とおいしい食事のお蔭か、会話は弾みます。

IMG_3375.JPG

そして、カラオケ大会が始まりました。

IMG_3398.JPG

IMG_3395.JPG

時にはデュエットも。

IMG_3384.JPG

時間制限ギリギリまで歌い続け(全員歌いました)、皆さんめいっぱい楽しみました。

帰りの車の中でも会話が弾みながら、無事17時頃帰り着きました。

次の日、たまたま私のお土産を間違えて持って帰られた方のお宅に訪ねて行った時、温泉旅行の2次会と称して、その時参加された方々でお茶っこをされていていました。

「次は秋保がいいかな〜」

とか、そんな会話が聞こえてきました。

あと、最近入居された方も参加されていたのですが、この時カーシェアリングのボランティアドライバーの方と連絡先を交換し、翌週さっそくその方の外出のお手伝いをされていました。

カーシェアリングの活動で住民の皆さんの親睦が深まり輪が広がったようで、とても嬉しく思います。

既に次の企画について、話が出始めています。

これからも、こうした動きを縁の下からそっと応援していけたらと思います。
posted by 日本カーシェアリング協会 at 19:03| Comment(0) | 奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月16日

亀山市長へ報告

10月16日、石巻の亀山市長がお忙しい中お時間作っていただけたので吉野町復興公営住宅で実施している「エコEVカーシェアリング事業」の中間報告を行いました。

【石巻エコEVカーシェア、スタート!(2015.6.8)】
http://japan-csa.seesaa.net/article/420334781.html

CIMG3089.JPG

CIMG3091.JPG

6月からの取り組みを順に説明していき、日頃の石巻市の私どもの取り組みへの感謝の気持ちをお伝えするとともに利用状況やアンケート結果等状況を報告しました。

亀山市長は、以前から私たちの取り組みとても関心を持ってくださり、活動の要所要所で行うセレモニー等にも何度かご出席いただきました。

今日も、私の説明をじっくり聞いてくださいました。
亀山市長が掲げられている「太陽経済圏都市構想」にこの取組がとても合致されているとのことで

「この仕組みを石巻中に広めたいと私は思っています。」

「石巻に設置している太陽光パネルと蓄電池をカーシェアリングで有効活用できるようにしたい。」

といった心強いお言葉をいただきました。

本当にそれらが実現するように、できるから一つずつ積み重ねていきたいと思います。

posted by 日本カーシェアリング協会 at 19:36| Comment(0) | 奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする