2016年12月28日

『ソーシャル・カーリース』と『保険事業』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【日本カーシェリング協会メールニュースvol.25】2016年12月28日
     ◆ 『ソーシャル・カーリース』と『保険事業』 ◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「今日、私がやるべき最善のこと」

それを1日1日続けていくうちに、気が付けば今年が
終わろうとしています。

「今年は平成27年だっけ?、28年だっけ?」と
はっきり覚えられないまま、ついに一年を終えて
しまいました。

そういう意味では、今年も目の前のことに集中して
精一杯やったんだなぁと、いい風に解釈してみたい
と思います。(笑)

先週、茨城県の常総からジュントス移動支援の方々が
私達が貸し出していた最後の2台を石巻まで返却に
来てくださいました。
ジュントス移動支援さんは、自前で車を入手されたようで
移動支援は継続して続けていかれるそうです。
昨年9月に起こった関東東北豪雨の私たちの支援が
ようやく完了いたしました。

また、岩泉の最後の車もその2日後返却を受けました。
岩泉では結局23件の貸し出しを、盛岡のレンタカー会社
エキストラクトさんの協力の元行えました。
利用された皆様に書いていただいたアンケートには、
全ての方が感想で「よかった」と回答いただき、
そしてその一つ一つに

「通勤など、日常生活に支障をきたしている時で大変助かりました。」
「車がないと買い物にも行けなかったのでとても助かりました。」
「気軽に乗れてストレス発散になりました。」

といった、言葉が添えられていて、お役に立てたようで
嬉しく思います。

アンケート.jpg
(『大変』ってのがすごく嬉しい)

以下にいただいた全てのアンケート結果を紹介しています。


熊本では、まだ約20台の車が稼働しており、南阿蘇
に設置した拠点をベースに長期的な貸し出しが必要な
方々へ対応を行っております。

常総も岩泉も現場ではまだまだ色々と取り組むべき
ことはあります。ただ、私たちの役割はひとまず
終えることができて、ほっとしました。
ご協力いただいた皆様に心より御礼申し上げます。

さて、今回は私達の「これからに」大きく影響を与える
であろう2つの事業を始めることを今年最後の
メールニュースにてお知らせしたいと思います。

**  **  **  **

これまで私達は、たくさんの方々のご協力の元
寄付や助成金などを財源に運営を行い活動を続けて
参りました。

しかし、震災から6年を迎えようとしている今、
私達は、取組を続けるための財源を
自分たちで確保する必要に迫られています。

ただ、私達は単純に財源確保に奔走するのではなく、
私達のやる『意味』を追い求めた結果、
次の2つの新しい事業を始めることにしました。


1.ソーシャル・カーリース

私達は、車を扱っていることからいろんな相談を日々
受けています。その中で、安く柔軟に車を借りれる
社会の仕組みがあれば困っている人が助かったり、
非営利の活動や地域にとって大切な起業や移住などを
応援できると思いました。

そこで、

年金生活者・移住者・生活困窮者・非営利組織・起業家

に対象を限定して、有償ではありますが、初期費用も
毎月の支払い額も格安で、且つ6ヵ月〜という比較的短期間
でのリースを始めることにしました。

これまで、被災者の方々や支援団体には経費実費や同程度で
貸し出しをさせていただいていていましたが、2年間
かけて、アンケートを実施したり、総会の時のテーマ
として取り上げ利用者の方々に意見を求めたりしながら
仮設住宅から再建された方々、支援団体には、契約の移行
を進めてさせていただく事にしました。

経済活動、行政サービス、ボランティア活動では
埋めることができない領域を、気持ちと工夫を集めることで
埋めていく、そしてその一つ一つの貸し出し行為が
私達自身の力になり、コミュニティ支援や災害支援等の
事業を支えていく、そんな事業になればと思ってます。

詳しい内容(リーフレット)はこちらからご覧ください。


2.保険事業

春ごろから準備を始め、この秋、東京海上日動火災保険様の
ご協力の元、保険代理店の事業許可を得ることができました。
非営利組織が保険代理店を行うのは、日本ではほとんど例が
ないようです。

私達はこれまで利用者に保険の説明を行い、また市内で
事故があれば駆けつけたりしながら保険に関する業務を
行ってまいりました。
ただ、私達自身の車で契約を行うと自己契約となり、
その比率が高いと取り扱うことができないルールがあるのですが、
リースとなれば使用者の名義を変えるため、契約可能となるため
上記リース事業を始めるにあたり挑戦してみることにしました。

私達が保険の世界に深く入る理由は財源の確保だけではありません。
私達が扱う保険は、自動車だけでなく、火災や傷害等
損害保険全般です。

災害ボランティアはもちろん、様々な市民活動には各自が
自己責任の下行う分、リスクも伴います。
そこで活動しやすいような環境を保険という視点から改めて
眺め直すことで、現行の保険で対応できること、
できないことを一度見定めたいと思っています。

そして、カーシェアやライドシェアの領域でポイント
となるのは安全管理であり、それを担保するものこそ
保険なのです。こちらについても鋭く眼差しを向けて
いき、必要に応じて変化を提案していきたいと思って
います。東京海上日動さんは、そういう意味で業界の
パイオニアとして最もチャレンジングな保険商品を
開発している会社ですのでベストパートナーだと
思っています。

また、ここにきて私達が保険の事業を進めるにあたり、
ひとつの大きな追い風があります。
大手保険会社で経験を積んだ仲間が来年度から
私たちのメンバーの一員になることが決まったのです。
このことによって、私たちはより規模の大きな案件や
複雑な案件、そして、未開の案件に関しても、
きっちり向き合っていけるでしょう。

といった私達が、目指す方向性をご紹介した上で
皆さんへご案内です。

みなさんの身の周りにある損害保険の案件について、
よろしければ私達へ相談をお寄せください。
自動車保険はもちろん、車検の際の自賠責保険、
家の火災保険等なんでもOKです。
その一つ一つが私たちの力になります。

助成金や復興予算の委託が続くのは来年度いっぱいで
おそらく終わりです。
これら有償事業を来年度中にきっちり立ち上げ、
コミュニティ支援や緊急支援等の事業を支えるモデル
を築き上げたいと思っています。

2018年は、自立した運営に向けて、本格的に始動します。
それに向けてこれからも最善と思うことを一日一日
積み重ねていきたいと思います。

今年も大変お世話になりました。
2018年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

────────────────────────────
 ◆編集後記
────────────────────────────
2012年に地元の大学から新卒で入ってきて協会を支え続けて
くれた山川が今月いっぱいで退社することになりました。
以下やまちゃんからご挨拶です。


皆さま

いつもお世話になっております。
日本カーシェアリング協会の山川です。

私事で恐縮ですが、この度2月に結婚を控え、12月28日をもちまして
一般社団法人 日本カーシェアリング協会を退職する事になりました。

経験も不十分なまま協会の事務局スタッフとして加わった私ですが、
在職中は多くの方々に支えられ、助けられながらこうして
勤める事が出来ました。本当にありがとうございました。

当協会の活動も転換期を迎える中、こうして
退職してしまう事は寂しい気持ちでいっぱいです。

退職後は家業を継承する予定をしており、
日本カーシェアリング協会で経験した事を生かし
頑張っていきたいと思っています。


今まで本当にありがとうございました。


山川さや香

(ここまで)

やまちゃん、5年間ありがとう!
お疲れ様でした!

IMG_7289.JPG

────────────────────────────
 ◆アンケートボランティア・有給スタッフ募集
────────────────────────────
復興住宅等への状況調査を一緒に行ていただけるボランティア
腰を据えてこの活動を一緒に取り組んで頂ける有給スタッフ
(NPO事務局職員・整備士・レンタカー&リース事業経験者の方歓迎)
を募集しています。

詳しくはお問合せください。

★2週間以上活動いただける場合は交通費補助があります。

────────────────────────────
 ◆ご協力のお願い
────────────────────────────
【軽自動車・軽トラック・大型車(7人乗り以上)募集】

被災地で活用させていただく車両を募集しています。
カーシェアリングはもちろん、引っ越しや、就業や、
コミュニティ作りのための貸し出し等様々な地域貢献活動に
活用させていただきます。


【ご寄付の募集】

活動費として活用させていただきます。

ゆうちょ銀行:記号:02220-9 番号:120559
(店名 二二九 店番229 当座 0120559)
口座名:「一般社団法人日本カーシェアリング協会」


【賛助会員募集】

日本カーシェアリング協会では当協会の趣旨に賛同し、賛助会員
として当協会活動を支援してくださる個人や団体の賛助会員を
募集しております。
詳しくはコチラをご参照下さい。


【カーシェア応援団ステッカー販売中】


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇日本カーシェアリング協会メールニュースの登録・停止◆

登録:件名に「メールニュース購読希望」と明記し、お名前・配信を希
望するアドレスを記載の上mail@japan-csa.orgまでご連絡ください。

停止:件名に「メールニュース配信停止希望」と明記し、お名前・配信
を希望するアドレスを記載の上mail@japan-csa.orgまでご連絡ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇発行元◆◇

一般社団法人日本カーシェアリング協会
吉澤武彦
〒 986-0005
石巻市大瓜字鷲の巣45-1仮設大瓜団地集会所内
TEL/FAX 0225-22-1453
E-mail:mail@japan-csa.org
ホームページ:http://japan-csa.org/

posted by 日本カーシェアリング協会 at 18:22| Comment(0) | メールニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月22日

EVカーシェア防災訓練(石巻市総合防災訓練)2016

10月23日 石巻市で実施された総合防災訓練に伴い私たちは、石巻市危機対策課の協力の元、全市停電を想定し、電気自動車充給電訓練を行いました。

今年度は、一般の電気自動車ユーザーにも訓練への参加を呼びかけ、電気自動車ユーザーの防災訓練の参加の促進、地域の電気自動車を非常時の電源に活用の促進を目指しました。また、会場の数は昨年の倍の16箇所で実施することになりました。

【防災サポーター募集】
0001 (2).jpg

【昨年8箇所で実施させていただいた様子】

前回、フィルターでドリップしながら実施していて非常に時間がかかってしまい、現場が混雑してしまったという反省点がありました。また、今回実施会場の数が倍になることもあり一会場に避ける人員も少なくなり、また、珈琲や砂糖などの量もたくさん必要になることが想定されていました。

そんな事情を説明させていただいた所、

メリタジャパン株式会社様からコーヒーメーカー20台
IMG_8523.JPG

キーコーヒー株式会社様から珈琲の粉15s及びコーヒーカップ、砂糖、フレッシュ
IMG_2996.JPG

石川珈琲工房様から珈琲の粉1kg
IMG_3006.JPG

をご提供いただき、大変助かりました。

また、電気自動車から電気を取り出す装置である三菱i-MiEV用「Power BOX」を

三菱自動車工業株式会社様から5台
宮城三菱自動車販売様から1台
東北三菱自動車販売様から1台

同じく日産リーフ用の「LEAFto100V」を

オートモーティブエナジーサプライ株式会社様から2台

お借りして実施させていただきました。

また、三菱電機株式会社様から今年度のEVを活用した防災ネットワーク構築のための実施全般にご協賛いただいており、本企画はそのご協力の元実施させていただきました。

そんなたくさんのご協力の元、実施させていただいた防災の様子をご報告させていただきます。


**

7時30分 石巻市全域が停電したという想定の元、吉野町復興公営住宅に今回ご協力いただく電気自動車とそのユーザー及び販売店の皆様などに集まっていただきました。

まずは、吉野町のシステムについて概要を説明し、電気自動車への充電訓練を行いました。


吉野町給電 (4).JPG

続いて、システムを使用した電気自動車から給電の訓練を行いました。
車から車に充電する方法等も実際に車とシステムをつなぎながら説明を進めていきました。

吉野町給電 (3).JPG

最後に電気自動車から電気を取り出す訓練を三菱i-MiEVと日産LEAFを活用して実施致しました。

吉野町給電 (5).JPG

吉野町給電 (8).JPG

集まった一人一人が、給電の仕方をおさらいしたうえで、各地域の防災訓練の準備の時間が近づいてきた方から、それぞれの現場に駆けつけ給電の準備に取り掛かりました。

こうして実施された16か所の給電訓練の現場をご紹介させていただきます。

太陽光EV充電設備のある吉野町復興公営住宅があり、地域内の防災連携の深い湊地区では5箇所で行われました。

1. 吉野町復興公営住宅(湊地区)

まずは、太陽光EV充電システムについて改めて説明し、蓄電池として活用できることを再確認し、その後、車から取り出した電気で沸かしたコーヒーをいただき、芋煮の炊き出しが行われました。

車:三菱i-MiEV (日本カーシェアリング協会)
参加者:50名

吉野町 (3).jpg



吉野町 (2).jpg吉野町.jpg


2. みなと小学校(湊地区)

車:三菱i-MiEV (みなとモーターさん)
参加者:40名

地元ボランティアの阿部さんご夫婦が湊地区の車屋「みなとモーター」さんのi-MiEVで給電訓練を実施してくださいました。

湊小.jpg

3. みなと中学校(湊地区)

車:日産LEAF (地元のLEAFユーザー 目黒さん)
参加者:40名

地元のLEAFユーザーの目黒さんが、給電訓練を実施してくださいました。

湊中学校.jpg

4. みなと荘(湊地区)

車:日産NV200 (宮城エキスプレスさん)
参加者:60名

湊地区に拠点のある「宮城エキスプレス株式会社」さんが日産自動車から無償貸与を受け活用されていらっしゃるNV200で給電訓練を実施してくださいました。

【石巻かほく】日産が被災地支援 宮城エキスプレスに電気自動車、無償貸与

みなと荘 (2).jpg


みなと荘.jpg

5. 不動町

車:三菱i-MiEV (カーシェアリング協会車両)
参加者:50名

石巻専修大学舛井ゼミの学生さんが、給電訓練を実施してくださいました。

不動町 (2).JPG

不動町.JPG

★貞山小学校と鹿妻小学校では、在職されていらっしゃる先生の電気自動車が使用され大変盛り上がりました。

6.貞山小学校

車:三菱i-MiEV (村上先生 所有)、日産LEAF(石巻市役所 公用車)
参加者:400名

自衛隊の炊き出しなどもあり、参加者が多く見込まれたため、石巻市の公用車のLEAF、村上先生のi-MiEVの2台体制で給電訓練を実施しました。「うちの担任の村上先生の車なのね〜」と大変盛り上がりました。

貞山小学校 (9).JPG

貞山小学校 (8).JPG

貞山小学校 (2).JPG

7.鹿妻小学校

車:三菱アウトランダーPHEV (青山教頭先生 所有)
参加者:200名
青山教頭先生は、震災時に電気の必要性を強く感じ、電源確保のために三菱アウトランダーPHEVを購入されたとのことで、今回の防災訓練では非常に積極的に取り組んでくださいました。また、鹿妻小学校には、東北大学との連携プロジェクトとして電気自動車から施設に電気を送るVtoHシステムが搭載されており、そういった装置の説明を集まった地域の方々に東北大の鈴木高宏教授に行なっていただきました。

鹿妻小学校 (3).JPG

IMG_3092.JPG

8.仮設大橋団地

車:日産LEAF (一般参加の目黒さん)
参加者:80名
湊中学校でも協力いただいた目黒さんは、仮設大橋団地の町内に住んでいらっしゃる方で、今回の防災訓練では湊小中学校の後、大橋団地の防災訓練にも協力いただきました。
大橋 (2).jpg

9.新西前沼第一復興公営住宅

車:三菱i-MiEV (日本カーシェアリング協会)
参加者:40名
新西前沼第一復興公営住宅では、電気自動車でのシェアリングを視野に入れながら、現在ガソリン車によるカーシェアリングが行われているのですが、今回入居後、初の団地内防災訓練が行われ、そこでは電気自動車を活用した給電デモンストレーションが石巻専修大学舛井ゼミの学生さん達の協力の元、行われました。

新西前沼.jpg

10.向陽小学校

車:三菱i-MiEV (日本カーシェアリング協会)
参加者:250名
向陽小学校では、屋外の電気自動車からコードリールで電気を引っ張ってきて、避難場所となる体育館の中で電気を活用しました。

向陽小学校 (2).JPG

向陽小学校.jpg

11.駅前北復興公営住宅

車:三菱i-MiEV (日本カーシェアリング協会)
参加者:80名
駅前北復興公営住宅では、UR都市機構さんのご協力の元、備え付けのかまどベンチで温められた芋煮と電気自動車のコーヒーで囲み、芋煮会が開催され、防災について考えながら、町内での交流が行われるような取り組みが行われました。

駅北 (2).JPG

駅北 (3).JPG
(備え付けのマンホールトイレも組み立てられました)

駅北 (4).jpg

(かまどベンチを活用して温められた芋煮)

駅北.JPG

(防災訓練という名の元、大交流会となりました。防災訓練は大切な地域の交流の機会なのです)

12.石巻小学校

車:三菱i-MiEV (日本カーシェアリング協会)
参加者:60名

石巻専修大舛井ゼミの学生さんが、電トラで給電訓練を実施してくださいました。

石巻小学校.jpg

石巻小学校 (2).jpg

13.上釜

車:三菱i-MiEV (日本カーシェアリング協会)、ミニキャブMiEVトラック(一般参加の佐藤さん所有)
参加者:100名
上釜地区では仙台在住の佐藤さんが、NHKの放送された募集を見て協力を申し出てくださり、朝からミニキャブMiEVトラックで石巻まで来ていただき一緒に防災訓練を実施していただきました。

上釜 (6).JPG

上釜.jpg

上釜 (8).jpg

上釜 (7).jpg


14.下釜

車:三菱i-MiEV (日本カーシェアリング協会)
参加者:60名

被災規模が大きく震災後、独自の防災訓練がなかなかできなかった下釜地区で初めての防災訓練が行われ、その中で給電訓練を実施していただきました。

下釜.jpg

下釜 (2).jpg

15.中里小学校

車:三菱i-MiEV (日本カーシェアリング協会)
参加者:370名
中里小学校は、昨年に引き続き宮城三菱自動車販売石巻店さんが、アウトランダーPHEVの試乗車で給電デモンストレーションを実施してくださいました。

中里小学校 (3).JPG

中里小学校 (2).JPG

中里小学校.JPG

16.渡波小学校

車:三菱i-MiEV (日本カーシェアリング協会)
参加者:560名

渡波小学校は、今回一番参加者が多く、私達の想定を超えており、てんやわんやになりかけましたが、協会スタッフの千葉さんが地元パワーを発揮し、防災訓練に参加されていた方々を次々と巻き込み、結果、電気自動車からの給電について多くの方々に触れていただく機会となりました。

渡波小学校.jpg


以上、昨年の倍の規模での開催となりましたが、一般の電気自動車ユーザーの方々を始め、非常にたくさんの協力の元、無事全ての会場で給電デモンストレーションが行われました。今後は、これからますます重要な役割を果たす吉野町復興公営住宅での太陽光EV充電システムの容量を増やしたり、可動式にして、市内の太陽光パネルと接続し電気自動車の充電環境を柔軟に作れるようにするなどの防災体制強化を一歩ずつ進めていきたいと思っております。

ご協力いただいた皆様、心より御礼申し上げます。

【2016年度EV防災訓練報告書】

【石巻市報にも紹介いただきました】

posted by 日本カーシェアリング協会 at 12:27| Comment(0) | 奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする