2017年08月01日

石巻からの車を受け取りました。様々なご協力に感謝!

潟Iートバックスセブン様のご協力の下、19日、20日に石巻を出発した車が25日、26日に九州まで届きました。

【石巻を出発した時の様子】

20399334_1785662011448661_525164776_o.jpg

【25日】
到着したばかりの5台と別途ご提供を受け提供準備が整った車3台(合計8台)の貸し出しを、利用予定者の方々にお集まりいただき行いました。

20354197_1071482502985102_295753048_o.jpg

今回ご協力いただいた潟Iートバックスセブン九州営業部長の田中様に今回のご支援についてお話しいただきました。

20394620_1071482436318442_1814514573_o.jpg

地元のオートバックス店舗を運営する海SCの船橋社長に今回現地オートバックス店舗でご協力いただくご支援についてお話いただきました。



20424581_1071482449651774_1948033661_o.jpg

下記オートバックス3店舗にてパンク無料修理と提供いただいた車の無料安全点検にご協力いただきます。



続いて、貸渡に関する詳細の説明と手続きを行いました。

20394592_1071480049652014_1965999542_o.jpg

貸し出す方にそれぞれの車について、どういう方からどういう思いで提供いただいた車なのか説明させていただきました。

20348147_1071466269653392_1632318615_o - コピー.jpg

20394749_1071482356318450_1123890882_o.jpg

黒川地区で被災された方々が避難する避難所ピーポートで3台の車がシェアリングで活用されます。

20348192_1071466062986746_1942554713_o.jpg

杷木の東林田地区で軽トラと軽自動車の2台の車がシェアリングされます。

20394823_1071465569653462_1991565191_o.jpg

朝倉市内で被災され、親類の家に避難された方にご活用いただきます。

20399277_1071465779653441_104472867_o.jpg

今、避難所で避難生活を送られ、これからみなし仮設で生活が始まる方にご活用いただきます。

20348204_1071466132986739_2060968217_o.jpg

20354111_1071480639651955_1205583362_o.jpg

貸渡し終了後、夕方に東林田地区に立ち寄った所、公民館の前のお宅に2台しっかり設置されていました。

IMG_8776.jpg
IMG_8777.jpg
(2台の車を遠めから眺めた状況)


この日の様子は次のようにニュースで紹介いただきました。


【26日】
東峰村に5台車が届けられました。

IMG_8794.jpg

IMG_8795.jpg

ここでは、6日から現地入りし東峰村で活動を続けるOPEN JAPANに託しました。OPEN JAPANのコーディネートの元、そのうちの2台が地元のお母さんボランティアを中心とする「チーム村民」による2台の軽トラのカーシェアリングが始まりました。小石原地区で被災された方々が必要な時に気軽に軽トラを活用できるシェアリングです。

IMG_8814.JPG

チーム村民について、車両管理者になっていただいた成美さんからいただいた言葉がとても素敵だったので紹介させていただきます。

自然豊かで焼き物や独特の文化が残っている東峰村は、我々の自慢の村でした。
まさかのような信じられない自然災害にあって皆パニックになりましたが、周りを見渡すと自分たちよりもっともっと大変な人が沢山いて、なんとか彼らを助けたい。元の美しい村を一日でも早く取り戻したい。そういう思いでダレが声をかけたわけでもなく、「私に何か出来る?」って皆自然と集まってチーム村民になりました。きっと大丈夫!自然災害が私達に気持ちを分かち合い助け合う事を教えてくれています。    


今回、他にも様々なご協力をいただいており、ご紹介させていただきます。

25日の貸し出しの際には、丸永製菓株式会社様からアイスキャンディーの白くまが振舞われました。


IMG_8766.jpg

貸渡に使わせていただいた場所は、アサヒ鐵鋼販売株式会社久留米営業所様が駐車場を貸してくださいました。

そして、丸永製菓株式会社様、アサヒ鐵鋼販売株式会社久留米営業所様をご紹介いただいのは、私たちが久留米市の田主丸でベースとして場所をお借りしている江崎和子さん(写真↑のアイスキャンディーを配っているおばさま)であったりします。

ルート産業株式会社様は今回もオイル添加剤等を提供してくださり、活用する車両のコンディションを良くしてくださいました。

IMG_8886.JPG

エステー様から先日提供いただいた消臭スプレー、洗車用ふきとりクロスも提供の際、使用させていただいてます。

IMG_8879.JPG
IMG_8874.JPG

潟Jシムラ様から提供いただいた携帯ホルダーは、土地勘のない私たちにとってスマホの地図アプリを使用する際、大変重宝しており、ボランティアの方々が多く乗ることが想定されている車両等に設置させていただきました。

IMG_8635.JPG

いつもお世話になっている石巻専修大学理工学部機械工学科自動車工学コースの山本教授から災害や緊急時に救命胴衣となる自動車用シートカバー(FRS)を6着提供いただき、石巻から運んだ車に装着させていただきました。

IMG_5135.JPG

IMG_0053.jpg

様々なご協力の下、取組を進めさせていただき、心より感謝申し上げます。
できることを一つずつ積み重ねてまいります。


<活動にご協力よろしく願い致します>

無料で貸し出すための車の運搬・登録・維持に係る費用や現地で
活動するための移動やその他活動費に充てさせていただきます。

ゆうちょ銀行:記号:02220-9 番号:120559
(店名 二二九 店番229 当座 0120559
口座名:「一般社団法人日本カーシェアリング協会」

★Tポイント、クレジットで寄付いただける「Yhoo!ネット募金」でも募集しております。


【問い合わせ先】
担当:石渡
TEL:0225-22-1453
e-mail:teikyou@japan-csa.org


posted by 日本カーシェアリング協会 at 16:11| Comment(0) | 奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お届けしました@【九州北部豪雨支援】

気持ちのこもったお車を提供いただき、被災者の方々へお届けさせていただきました。


熊本地震の支援の時からずっと応援してくださっているオートスタッフ北九州様は真っ先に提供を申し出てくださり提供いただいたR2は、私たちの現地活動車として活用させていただき、その後日田市で、生花の栽培をされているご夫婦に貸し出されました。車は全て水や泥に浸かり動かなくなってしまい、代車の返却期限も迫っていたので本当に助かったとのお声をいただきました。


IMG_8630.jpg

(オートスタッフ北九州の清水社長)


20517471_1481653541880658_2061266863_o.jpg

(お届け先のご夫婦)



石巻の方から提供いただいたミニカは朝倉市杷木の東林田地区の方々でシェアリングで活用されることになりました。


001.jpg

(新聞での募集をご覧になられて提供いただいた石巻の方)


20394823_1071465569653462_1991565191_o.jpg

(東林田地区のみなさん)


IMG_8776.jpg

(東林田地区の公民館の前に設置された車)


株式会社アウトレーヴ様提供のR2は自動車雑誌のライターをされている中込健太郎様がご自身の積載車で東京から運んでくださいました。東峰村で被災し、道路が寸断され移動が出来なくなった4世帯でシェアリング活用してもらうことになりました。


20424587_1477208978991781_824331618_o.jpg

(提供者の中込様。「車の神様っていると思います。どんなに体の良い車でも何故だか乗られない車もある。カーシェアさんの活動で使われる車は皆に大切に乗ってもらえる運命だったのでしょう。」とお話されていました。)



20502714_1481653001880712_935522188_o.jpg

(東峰村でシェアリングいただく方々)


石巻にステップワゴン、熊本地震の際は軽トラとワゴンRを提供してくださった、千葉東北ボランティアバスの渡邊さんご夫婦は寄付を募りワゴンR2台も購入して寄付してくださり、朝倉市の山田地区で被災された方、杷木地区で被災された方にお届けしました。


20348099_1477208928991786_2093725788_o修正.jpg

(いつも直接車を運んで届けてくださる渡邊さんご夫婦)


20348204_1071466132986739_2060968217_o.jpg


20354011_1072197079580311_1573092089_o.jpg


八女市の方から「いままで私は沢山の人に助けられたけえ、今度はこの車が皆さんを助けてくれたら」と提供いただいたアルトは黒川地区で被災された方々が避難する避難所ユーポートでシェアリングで使用されることになりました。


20424563_1477209062325106_272105914_o.jpg


20348192_1071466062986746_1942554713_o.jpg

(避難所ユーポートでは3台の車がシェアリングされることになりました)

熊本市内に下宿されていた息子さんが使用されていて、支援活動にも使われていたワゴンRは、杷木地区で被災され、道路が寸断されたため車を取りに行けないご近所さん同士で避難所でシェアリングで使用されることになりました。


20316859_1069231129876906_1578437972_o修正.jpg


20394737_1071465589653460_1932470604_o.jpg


大分市にお住まいの方から提供いただいたムーブは娘さんが帰省の際に使用されていたのですが娘さんの了解の元提供いただき、日田市で被災され避難所で生活されていらっしゃる方にお届けしました。


IMG_8847.JPG


IMG_8858.JPG

(喜びのガッツポーズ)


熊本の方から提供いただいた車イスが乗せられる福祉車両のトッポは、日田市でお車とご自宅を被災された方にお届けしました。


20447234_1072197389580280_1271466297_o修正.jpg


20524134_1481653508547328_351258516_o.jpg


20年来の愛車をお持ちで車を使い続けるということに共感してくださった北九州の方から提供いただいたトッポは、ご両親の介護で東峰村に帰省されていた際に車を被災された大分市にお住まいの方にお届けしました。


20446126_1072197266246959_1260126006_o.jpg


IMG_8817.JPG


福岡市内の方からいただいたライフは、朝倉市の杷木地区で被災し避難所で過ごされている親子にお届けしました。お子さんの通う小学校の先生からのご紹介いただいたそうです。ちなみにこの車で私たちが提供を受けた車は200台となりました。


プレゼンテーション1.jpg

(記念すべき200台目の車。右は車を受け取って運んでくれたボランティアの明石君)


IMG_8862.JPG


先日のメールニュースを見てすぐにご連絡いただいた京都の方から提供いただいたiは、大学生の伊藤君が現地まで運んでくださいました。私たちの活動車として、目いっぱい活用させていただいております。


IMG_8894.jpg

(提供者とキッズ達)


20399312_1787307004617495_1132496409_o.jpg

(左からiを運んでくれた伊藤君、現地ボラの明石君、協会スタッフの石渡)





<ご協力よろしく願い致します>


無料で貸し出すための車の運搬・登録・維持に係る費用や現地で
活動するための移動やその他活動費に充てさせていただきます。

ゆうちょ銀行:記号:02220-9 番号:120559
(店名 二二九 店番229 当座 0120559
口座名:「一般社団法人日本カーシェアリング協会」

★Tポイント、クレジットで寄付いただける「Yhoo!ネット募金」でも募集しております。


【問い合わせ先】
担当:石渡
TEL:0225-22-1453
e-mail:teikyou@japan-csa.org


posted by 日本カーシェアリング協会 at 15:04| Comment(0) | 奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする