2011年10月16日

阿部君の絵画プレゼントプロジェクト

ダンロップさんから届いたタイヤを運ぶ時、2日間のボランティアで来ていた東京で美術を学ぶ大学3年生の阿部君が手伝ってくれました。

タイヤを受け取りに行く車の中で話をしている中で、人物画をずっと書き続けているという話になり、

被災者の方々に絵を描いてプレゼントをするという小さなプロジェクトがが生まれました。

早速、何人か紹介して、話をしてもらい、写真を撮影しました。

111015_153615.jpg

P1060054.JPG

P1040061.JPG

その写真を東京に持ち帰り、阿部君は心を込めて油絵を描き、その絵を届けに来ます。

彼がどんな絵を持って石巻に帰ってくるのか、また報告しますね。

P1040068.JPG
阿部君。乗り物酔いしやすいらしく、車の助手席では酸素の少ない水槽で泳いでいる金魚のようになります。

石巻に来て、何か自分の役割を見つけて、動き始める。
僕らは、カーシェアリングの取り組みを行いながら、そんなサポートを行っていきたいと思います。


posted by 日本カーシェアリング協会 at 07:39| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。