2014年06月02日

『温湯温泉(ぬるゆ温泉)に行ってきました。〜EV旅行下見〜』

6月1日(日)の暑い日に仮設大森団地の皆さんが今度のEV旅行の下見の為に栗山の花山方面へ行ってきました。
当協会スタッフの増田さんが参加し、私末永が増田さんからの報告をもとに書かせていただきます。

大森第4団地の内海会長を先頭にi-MiEV2台、カーシェアリング車両のプラッツ1台の合計3台がまだ気温の高くない午前中に出発しました。

P6010349.JPG

しかしここでトラブルが。
『i-MiEVの電気の残量が・・・』
出発時、満充電ではなかったようです。(と言っても出発時のメーターは半分以上だったようです)
という事で、急きょコース変更です。

農道を通って近道です。

途中大崎市にある『あ・ら・伊達の駅(道の駅)』でi-MiEV1台を15分間充電しました。
ここの道の駅は前回のEV旅行の下見でもお世話になりました。
満充電じゃなくてもここまで来ました。

さてさて、充電を済ましひたすら3台で走っていましたら、もう1台のi-MiEVにも給電が必要な予感が・・ちょうどお昼の時間でしたので、またまた道の駅に立ち寄りました。
花山にある、『自然薯の館(道の駅 路田里)』で食事をしながら充電しました。

食事、車の充電が完了しましたが、時間もまだ余裕があったので、
『花山温泉 温湯山荘(ぬるゆ山荘)』へ行き温泉に入りました。

P6010356.JPG

館内、施設共にとてもきれいで、しっかりと癒されました。

次回のEV旅行は、ここで決定という事になりました。
あとは経費等を検討しながら細かい旅程等を決めていかれるそうです

これまでのEV旅行では日産さんや三菱さん等のディーラーで必ず一度は給電していましたが、今回の下見では全ての給電を道の駅で行ったようです。

大崎市の道の駅は無料で給電出来るのでとても嬉しいです。
これから道の駅を拠点に様々な温泉地などへお得に行けそうです。

これまで過去3回EV旅行の下見が行われてきました。
その3回とも少数での下見でしたが、今回の下見は仮設大森団地の皆さんが住民の方々に呼びかけ、本番の旅行さながらの下見となりました。

参加された皆さんは今回の下見を大変楽しんだようでした。

下見は下見で、団地内の旅行の機会になったようでとてもよかったと思いますL

これは、本番のEV旅行も大成功する事間違いなしと感じました。

posted by 日本カーシェアリング協会 at 00:00| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: