2015年03月13日

国際交通安全学会賞の業績部門受賞決定!

5月にBSフジで放送頂いた特番「被災地の道・クルマ・人」でご一緒した自動車ジャーナリストの両角さんに千葉工業大の赤羽先生をご紹介いただいたのですが、その赤羽先生の紹介で国際交通安全学会の皆さまが11月、石巻に視察にお見えになられました。

IMG_0221.JPG

国際交通安全学会は、本田宗一郎氏が設立した、交通専門の国際的かつ学際的な研究機関です。そんな由緒あるところに視察いただけるのは本当に名誉なことだなぁと思っていました。

【国際交通安全学会】
http://www.iatss.or.jp/

それから数カ月して、思いもよらないご連絡がありました。

それは、

国際交通安全学会賞の業績部門受賞のご連絡でした。

授賞理由として次のように説明いただきました。

「一般社団法人 日本カーシェアリング協会」は、代表理事の吉澤武彦氏が、阪神淡路大震災の経験をもとに設立された、カーシェアリングを通して被災地支援を行い、新しい車文化を目指す非営利の組織です。
吉澤氏は東日本大震災直後に、被災者への復興支援活動を開始しましたが、被災者の多くが移動手段を失い日常の生活に困っていることから、元・神戸元気村代表の山田和尚氏から仮設住宅でのカーシェアリングの提案を受け、寄付された車を、住民の利用グループ管理の下で共同利用する、営利目的とは異なる「日本カーシェアリング協会」を始めました。
また、寄付された電気自動車と太陽電池など再生可能エネルギー使った持続可能なコミュニティーの在り方や防災に対する取り組みを模索するなど、将来に向けた取り組みも行っています。
このようなカーシェアリングの仕組みは、わが国で殆ど例がない利用者間を直接つなぐピアツーピア(P2P)型のカーシェアリングとなっており、期せずして、新たな形のカーシェアリング事業となっています。

(以下のサイトから抜粋)
http://www.iatss.or.jp/topics/detail.php?id=126

過去受賞いただいた所を見てみると、名高い所ばかり。。。
http://www.iatss.or.jp/award/performance/

被災地支援という切り口ではなく、単に「交通」という切り口で評価いただいたのが何より嬉しいです。
(あと、受賞理由の所にバウさんの名前を入れていただいた事も個人的に嬉しく思います。)

これもひとえに、応援いただいた多くの皆様のお蔭です。本当に感謝です。

4月10日に経団連ホールで受賞させていただきます。

選んでいただいた国際交通安全学会の皆様に選んでよかったと思っていただけるような取り組みにするために、より一層頑張りたいと思います!

posted by 日本カーシェアリング協会 at 00:35| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: