2018年10月15日

平成30年7月豪雨報告A 〜過去最大件数の貸出と新しい動き〜

平成30年7月豪雨の発災から昨日(10/14)で100日となりました。

私たちは今も倉敷市真備町を拠点に活動しており、今までの災害支援ではない動きも生まれてきました。
今回はそのご報告です。


岡山災害サポートカーステーションの活動報告
真備体育館を拠点にして、被災された方、引っ越しやがれきの運び出しに軽トラが必要な方に無償の貸出を行っています。

0001 (13).jpg20180928-020.jpg


10月14日時点で、真備では85台の車を活用し、延べ474件の貸出を
頼りになる現地スタッフを中心に、沢山のボランティアさんの力を借りて行ってきました。
2016年の熊本の地震の際は貸出件数は73件であり、過去の災害支援の中では最も多い貸出件数となります。

それだけ車が必要とされる大規模な災害であったことを示すのと同時に、
これだけの数の貸出対応ができる台数の車を全国の方々が寄付してくれたということの証でもあります。
また、初期段階から私たちを信用し、貸出拠点として施設を提供してくれた岡山県・倉敷市の皆さまのおかげでもあります。
本当にありがとうございました。

20180928-015.jpg20180928-060.jpg
1538129736946.jpg1536036825213.jpg1534928517763.jpg1537170869645.jpg


一般の方への軽自動車の無償貸し出しは9月末までとしており、皆さまそこを目標にして自分の車を手配され、
9月末には沢山の方が返却に来ていただきました。

なかにはわざわざお礼の品を持ってきていただいた方もいて、
支援する側なのに逆に元気をいただいてしまうことが沢山ありました。

https://www.facebook.com/japancsa/posts/1884111518291847?__xts__[0]=68.ARDg-Zmr77WD25wyVpiq1mVPWbaS7kVUy1HoHUStmzEqQjP8sVVPYbMYAGHpGygO31AZaFcBLoZyUJh5OStzyFC7HuWGqlNwSCmqBj2vvCAp3xggDq0fXoWi1nA48iLnniNGbLedJTet6r93Az6UG4GnQGVhn2CnTq9J1XbFnoGin5PB9lQltQ&__tn__=-R


0001 (14).jpg

10月以降は現地で活動する支援団体やそこからの紹介いただいた施設へ活動車の貸出を行っています。

真備町では多くの医療・福祉関連施設が被災し、患者さんのもとへ訪問する手段がなく危機的な状態が続いていると、
クララ(=Kurashiki area Medical & Care Reconstruction Association (KuraRA))の担当者の方から車の相談を受けました。
災害時、体が弱いひとは本当に辛く、不安な状況が続きます。
そこで、クララさんから紹介を受けた施設さんに車を使っていただくことで、
そのような方々の生活がすこしでも落ち着けばと思い、無償貸し出しを行うことにしました。

医療保健福祉提供体制支援プラットホーム クララ (Kurashiki area Medical & Care Reconstruction Association (KuraRA))


仮設への引っ越しや家の解体の際に軽トラを使いたいという声が多く上がったため、
真備体育館での軽トラ・軽バンの貸出は11月末まで延長することとなりました。

引き続き以下の場所で貸出を行っていますので、お気軽にご相談ください。
岡山県倉敷市真備町箭田2208−1 真備総合体育館1F  
営業時間 9:00-17:00 (火曜日定休)  電話:070−1143−7799

20180928-002.jpg


『コミュニティ・カーシェアリング』が岡山に!
災害支援をきっかけにですが、私たちにとって大きな出来事がありました。

私たちが石巻で培ってきた共助のカーシェアリングの仕組み『コミュニティ・カーシェアリング』を
岡山県美作市上山町と岡山県岡山市の南古都で試験的に導入することになったのです。

美しい棚田のある約170人の集落「美作市上山町」では、既に一人用自動車コムスなどを活用したモビリティプロジェクトが展開されていて、それを応援する形で半年間お手伝いさせていただくことになりました

上山集楽みんなのモビリティプロジェクト
http://bit.ly/2P9Zf5X

1539403980921.jpg43088988_1886772088025790_7575541244571418624_n.jpg

南古都地区は西日本豪雨で床上浸水の被害を受けた地域で、会長、副会長とこの地域を支援する支援団体テイクアクションさん、みんなの集落研究所さん、岡山医療生協さん、へ『コミュニティ・カーシェアリング』について説明させていただきました。


43126682_1887874551248877_8747287951613886464_n.jpg43141046_1887874361248896_8663690849898463232_n.jpg

活動黎明期から「石巻で寄付車を活用したひな型を作り、それを社会に役立てていく」ということを掲げていた私たち。
『コミュニティ・カーシェアリング』の仕組みが上記の地域の持続的な発展に役立つように、
地域の自立的な活動になるようにサポートしていきたいと思います!



岡山〜石巻 運搬ボランティア募集

現在約90台の車を西日本豪雨で被災された地域で活用していますが、全てがフル活用されるフェーズは終わり、
支援の役目を終えた車を徐々に石巻へ運搬していく時期になりました。

現地で天命を全うする車もあるため、全ての車を運ぶわけではないですが、結構な数を運搬する必要があります。
しかし全てをスタッフが自走したり、業者に頼むだけの時間とお金の余裕がないのが実情です。

そこで、石巻へ車の運搬をしてくれる方を募集します!

〜〜〜

出発地:真備総合体育館 岡山県倉敷市真備町箭田22081

目的地:日本カーシェアリング協会事務所 宮城県石巻市駅前北通り1丁目5-23

・災害支援車両の通行証を発行するため高速代はかかりません。

(事前の打合せで決めたルートを走行していただきます)

・真備町〜石巻の事務所までのガソリン代は、事務所到着時に当協会にて精算させていただきますので、給油時のレシートは捨てずに保管ください。

・真備総合体育館まで、石巻からの帰路の交通費はご自身で負担いただきます。

・東京海上日動火災保険の自動車保険に加入しています。万が一の事故の際は当社の自動車保険で対応させていただくため、原則自己負担金額は発生しません。(補償の範囲内に限る)

〜〜〜〜〜

「運んでもいいよ!」「東北に旅行に行きたい!」という方はカーシェアリング協会までご連絡ください。

0225-22-1453/ info@japan-csa.org  担当:石渡


実は本日(10/15)岡山から1台運搬していただきました!

石巻の周辺を観光してから事務所に運んでくれたそうです。

IMG_20181015_141914.jpg


車の無償貸し出し支援は佳境を迎えていますが、新たな動きも出てきており、

まだまだ岡山県とのかかわりは続きそうです!

引き続き応援よろしくお願いします!!!


20180928-068.jpg

 石巻の省一さんが撮ってくれたスタッフ集合写真


 **************************

私たちの活動を維持していくためにご支援をお願いします!
☆マンスリーサポーターの申込はこちらから

https://www.japan-csa.org/support

☆Tポイントでの寄付はこちらから

https://donation.yahoo.co.jp/detail/4432003/


☆モビリティレジリエンスの仕組みを世に作り上げていくスタッフ募集


posted by 日本カーシェアリング協会 at 16:11| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: