2017年12月03日

仮設住宅移築プロジェクト〜落成お披露目会〜

DSCF4775.JPG

11月15日(大安)、のべ355名の方々の協力を得て移築したOPEN JAPANと日本カーシェアリング協会新拠点の落成お披露目会の日を迎えることができました。

DSC_0067.jpg

震災直後からご縁でOPEN JAPAN関わりの深い明神社の大國宮司に 竣工式を執り行っていただきました。

DSCF4779.JPG

DSCF4781.JPG

DSCF4784.JPG

その後、その流れで落成式を行いました。

DSCF4811.JPG

まずはこれまでの経緯についてお集まりいただいた皆様にご説明させていただきました。

このプロジェクトの私達の誇りは、協力いただいた355名もの方々の心がこもっていること、民間では初めての仮設住宅の移築再利用だということ、そして、あらゆるものをリサイクルしたため廃材が極めて少なかったことです。

DSCF4821.JPG

様々な方々に助けてもらいながら、辿り着いた道のりを説明していきました。

DSCF4816.JPG

そして、今回の事業を支援してくださった『しんきんの絆』復興応援プロジェクトへ推薦いただいた石巻信用金庫の小幡常務、プロジェクト事務局の日本NPOセンターの千代木様からお言葉をいただきました。

DSCF4830.JPG

『しんきんの絆』復興応援プロジェクトは、昨年に引き続き2回目の支援でした。
石巻信用金庫様の協力なくしては、採択に至ることはなかったでしょうし、事務局の日本NPOセンターさんも随時相談に乗っていただき、また柔軟に対応していただきました。


DSCF4837.JPG

建設に関して特にご協力いただいた方々に感謝状を贈らせていただきました。

DSCF4842.JPG
(現場監督兼みんなの現場のお父さんとお母さんの文さんとフキさん)

DSCF4845.JPG
(1年以上石巻と南会津を往復しながら打ち合わせを重ねてくださった「はりゅうウッドスタジオ」の芳賀沼さんと田中さん)

DSCF4849.JPG
(構想が固まる前から相談に乗っていただいていた黒澤配管工業の黒澤さん)

DSCF4852.JPG
(忙しい中調整に調整を重ねて、良心的に協力してくださり、熱く応援してくださった北日本電気工業の杉山さん)

DSCF4853.JPG
(最高の場所を紹介してくださったサードステージの杉浦さん)

DSCF4856.JPG
(毎週末、技術と道具を提供してくださった郵便局長のほっしゃん)

DSCF4859.JPG
(解体から組み立てまで、滞在して作業に取り組んでくれた大ちゃん)

今回のこのプロジェクトの発端ともなったはりゅうウッドスタジオの芳賀沼さん、今回の解体・建設の立役者である文さんからお言葉をいただきました。

DSCF4866.JPG
DSCF4861.JPG

「吉澤さんの提示された予算は、普通ではあり得ない額で、最初はどうしようかと思いました。」

と、約1年かけて一緒にここまで走り続けていただいた芳賀沼さんから、出会った頃からの話をいただき、何度も打ち合わせを重ねたことを思い出しながら、よくこの1年、お付き合いいただけたなぁ〜としみじみ思いました。

芳賀沼さんのマイペーストークは、参加いただいたみなさんをとても盛り上げてくださいました。


DSCF4873.JPG


「どんな人が来るかわからない現場で、作業を組み立てていかないといけないのが大変で、夜も寝れない日が続きました」

普段、淡々と的確に仕事を割り振りながら、現場を進めてきた文さん。私たちの気づかないところで相当気を揉み、焦りながらされていた苦労話を話されていました。

「・・・・・でも、とにかく楽しい現場でした。」

と締めくくっていただいた最後の言葉で、ほっとしました。(笑)


さて、最後の締めくくりは、餅まきです。

DSCF4880.JPG

大盛り上がり。

DSCF4883.JPG

餅まきが終わってからも集まったみなさんと楽しい一時を過ごしました。

DSCF4893.JPG

カーシェアの利用者の方々も駆けつけてくださいました。

DSCF4898.JPG

OPEN JAPAN 緊急支援のひーさんも九州の現場から駆けつけてくれました。
公益社団法人日本建築家協会の松本様も駆けつけてくださいました。
日本建築家協会様からは御寄付をいただき、更にご紹介いただいた会員の樺r田コーポレーション様からは自然健康塗料をご提供いただきました。

DSCF4901.JPG

町内の会長さんをはじめ、ご近所さんも沢山参加いただきました。

DSCF4896.JPG

お餅もおいしくいただきました。

DSCF4894.JPG

解体の時から、落成式まで天気には本当に恵まれました。
全てに感謝です。

DSCF4886.JPG


その後、引っ越しを行い、中はこんな感じとなりました。


IMG_0335.jpg
(南向きでとても明るく温かい空間です)

IMG_0334.jpg
(旧ベースの玄関にあったGravityfreeの絵は新ベースでも大きく飾らせていただいてます)

IMG_0336.jpg
(カーテンも照明もコンセントもケーブルも全て再利用しています)


OPEN JAPAN、日本カーシェアリング協会共に新しい拠点で頑張ってまいります!!!
ご協力いただいた皆様、本当に、本当に、ありがとうございました!
今後ともよろしくお願い致します!



<新拠点住所>
〒986-0815
宮城県石巻市駅前北通り1丁目5番地23号
一般社団法人OPEN JAPAN TEL/FAX:0225-92-7820
一般社団法人日本カーシェアリング協会TEL:0225-22-1453 FAX:0225-24-8601

posted by 日本カーシェアリング協会 at 21:53| Comment(0) | 奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月01日

新企画『石巻地域おこしレンタカー』スタート!

とうとう12月に突入し、石巻も毎日寒い日が続くようになりました。
今回はそんな寒さを吹き飛ばす新企画を紹介します。

その名も『石巻地域おこしレンタカー』です!
ロゴ単体.jpg

このレンタカーは震災以降、観光客が半減してしまった牡鹿・雄勝・北上を応援する新しいレンタカー企画です。


3つのエリアでの協力店で1,000円以上のお買い物をするとスタンプを一つ押してもらうことができ、
このスタンプを集めると、車両返却時にレンタカー代金がキャッシュバックされます。
スタンプ1つにつき500円のキャッシュバックで、最大4店舗分で2,000円分のレンタカー代が戻ってくるチャンスがある、
そんなお得なレンタカーなんです!
地域おこしレンタチラシ.jpg



牡鹿・雄勝・北上のエリアはアクセスが悪く、震災以降観光客の数が減少しています。
美味しい食べ物、きれいな景色など多くの魅力があるにもかかわらず、交通の便が悪いがために、
足を運ぶ人が少ないのです。
もっと気軽に足を運んでもらえるようになれば、美味しいごはんも、地元の人との会話も、綺麗な景色も沢山の人に楽しんでもらえるのではないかと考えました。
キャッシュバック付きのレンタカーがあれば、お得に現地まで行ってもらうことができ、
その分現地でのお買い物や体験にお金を使うことができる。
この「地域おこしレンタカー」は、全国から寄付いただいた私たちの車を活用した、新しい町おこしの形だと思っています。



☆★☆キャッシュバックまでの流れ☆★☆

@レンタカー出発時、協会スタッフよりスタンプカードと提携店リストをもらう。
Aリストに掲載されているお店で1,000円以上のお買い物をする。
Bお会計時、お店の人に「地域おこしレンタカーで来たよ!」と伝え、スタンプカードを手渡してください。
 (1店舗につきスタンプ1つまで)
Cレンタカー返却時、カードをスタッフに見せると、スタンプの数だけレンタカー利用料のキャッシュバックを受けることができます!
スタンプカードfacebook用.jpg



このレンタカーは12月2日(土)の貸出分からご利用いただけます。

地域おこしレンタカーで牡鹿・雄勝・北上の魅力を感じに行きませんか?
沢山のご利用お待ちしております!



協力店は以下のリストをご参照ください。(12/7更新)
石巻地域おこしレンタカー 協力店一覧
(※12月7日時点 協力店舗は日々増えていきます。) 
エリア店名電話番号住所
牡鹿黄金寿司 0225-45-2104石巻市鮎川浜湊川1ー12 おしかのれん街
上海楼0225-45-3063石巻市鮎川浜湊川1ー12 おしかのれん街
旬魚旬味いしもり090-3641-1474石巻市鮎川浜湊川1ー12 おしかのれん街
(有)カクト商店0225-45-2566石巻市鮎川浜湊川1ー12 おしかのれん街
海船 0225-46-2127石巻市鮎川浜湊川1ー12 おしかのれん街
みさき屋 0225-45-3006石巻市鮎川浜湊川1ー12 おしかのれん街
ぷちショップぬまくら0225-45-3102石巻市鮎川浜湊川1ー12 おしかのれん街
阿部商店080-3547-1947石巻市鮎川浜湊川1ー12 おしかのれん街
東洋館ざっか屋さん090-3908-3181石巻市鮎川浜湊川1ー12 おしかのれん街
(一社)石巻観光協会 牡鹿事務所 0225-45-2501石巻市鮎川浜南70
やまざきショップ東洋館 鮎川店 0225-45-2206石巻市鮎川浜湊川82−1
Rin Café 0225-45-2206石巻市鮎川浜湊川82−1
割烹民宿めぐろ0225-46-2515石巻市小渕浜カント2-1
民宿 あゆかわ荘 0225-45-2039石巻市鮎川浜黒崎5
民宿 みなみ荘 0225-45-2501石巻市鮎川浜ママノ上3
牡鹿半島食堂 いぶき 0225-25-7282石巻市 大原浜字町18-1
雄勝浜のおばちゃん090-4520-7101石巻市雄勝町雄勝字上雄勝2-25 おがつ店こ屋街
伝八寿し 080-5575-9976石巻市雄勝町雄勝字上雄勝2-25 おがつ店こ屋街
雄勝うまいもの屋 洸洋 090-7079-2778石巻市雄勝町雄勝字上雄勝2-25 おがつ店こ屋街
みうら海産物店   (new!!) 0225-57-3468石巻市雄勝町雄勝字上雄勝2-25 おがつ店こ屋街
雄勝硯生産販売協同組合0225-57-2632石巻市雄勝町雄勝字上雄勝2-25 おがつ店こ屋街
(一社)石巻観光協会 雄勝事務所0225-57-3339石巻市雄勝町雄勝字上雄勝2-25 おがつ店こ屋街
手打ちそば てらっぱだげ  (new!!)0225-57-3222石巻市雄勝町雄勝字船戸神明10-10
エンドー すずり館   (new!!)080-1823-5433石巻市雄勝町雄勝字船戸神明68
北上峠の湯 追分温泉 0225-67-3209石巻市北上町女川大峯1
離島網地島ライン  0225-93-6125石巻市門脇町3−1−19
金華山航路事業協同組合 0225-44-1850石巻市鮎川浜南49  (不在にしていることもあるため、電話不通の際はご容赦ください。)

posted by 日本カーシェアリング協会 at 09:58| Comment(0) | 奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月13日

石巻市総合防災訓練レポート2017

11月5日(日)石巻市総合防災訓練が行われ、石巻市危機対策課の協力の下、
カーシェアリング協会では給電訓練を市内15カ所の町内会、復興住宅、小中学校で行いました。

防災訓練の概要は9:00頃に三陸沖を震源とするM9.0、震度6強の巨大地震が発生し、大津波警報が発令。
建物に被害やライフラインが失われた状況を想定し訓練が市内各地で行われました。
カーシェアリング協会では、電気自動車、水素自動車、プラグインハイブリット車の協力を得て、
電気がなくて困っている場所に駆けつけ、給電を行うデモンストレーションを行いました。

今回は、7月に一週間程私たちの活動にボランティアとして活動した、
トヨタ自動車の本田さんとのご縁がきっかけとなり、仙台、石巻のトヨタディーラーにもご参加いただきました!
また昨年の環境フェアで隣のブースとなった県庁から水素自動車もご参加いただきました!
各地での防災訓練の実施状況をレポートいたします!

<1.万石浦小学校>
参加車両:MIRAI、プリウスPHV、i-Miev
参加人数:750名
万石浦小学校では児童と保護者、地域の方が一体となり訓練が行われました。
そしてトヨタ本社(愛知県)からプリウスPHVの開発責任者の豊島さん、
今回のご縁の橋渡しとなった本田さんが駆けつけてくださいました。
DSCF4528.JPGDSCF4533.JPG
DSCF4597.JPGIMG_0170.jpgDSCF4572.JPG
→豊島さんからのお話を聞く市長、市役所のみなさん。プリウスPHVでは一般家庭4日分の電力供給が可能です。          
→地域のお母さんもコーヒーで給電体験!

<2.湊中学校>
参加車両:i-Miev
参加人数:50名
周辺に住む地域の方が避難して来ました。年配の方が多いのではと、
事前に打ち合わせをした際に伺ってましたが、若い世代も参加しており
地域に人が戻りつつあると実感しました。
Photo_17-11-23-09-52-27.542.jpgPhoto_17-11-23-09-52-29.752.jpg

<3.鹿妻小学校>
参加車両:青山教頭先生のアウトランダー
参加人数:100名
車の持ち主である青山先生から車についてお話いただきました。
他にも鹿妻小学校には『VtoH』という、停電時にソーラーで発電した電力や
電気自動車から施設に電気を送るシステムが搭載されています。
TS3Y0016.jpgTS3Y0017.jpgTS3Y0018.jpg
→昨年に引き続き車をご協力いただいた青山教頭先生。

<4.吉野町復興公営住宅>
参加車両:吉野町カーシェア会のi-Miev
参加人数:40名
普段、吉野町カーシェア会で使用している電気自動車i-Mievを
集会所の前に移動し、給電訓練を行いました。
IMG_0124.jpgTS3Y0013.jpg
→カーシェア会のドライバー:木村さんも普段自分たちが管理する車から
 非常時に電気を取り出せるように実践訓練。

<5.湊小学校>
参加車両:i-Miev
参加人数:40名
近隣住民の方が学校の屋上に避難後、校内の備蓄倉庫の確認を行いました。
防災訓練湊小.JPG

<6.中里小学校>
参加車両:宮城県庁のクラリティFUEL CELL(水素)、石巻市役所リーフ
参加人数:360名
昨年に引き続き石巻市役所のリーフと今回から宮県庁の水素自動車も参加してくださいました。
みなさん珍しい水素自動車に興味深々でした!
23315765_1532662826821266_1420341461_n.jpgDSC_0017.jpg
→水素自動車は一般家庭約7日分の電力の供給が可能。

<7.石巻小学校>
参加車両:i-Miev
参加人数:40名
第二ステージが行われた日和が丘復興公営住宅で照明器具を点灯させるデモンストレーションを行いました。
IMG_20171105_100709.jpgIMG_20171105_104724.jpg

<8.仮設大橋団地>
参加車両:大橋団地のカーシェアリングで使用しているi-Miev
参加人数:20名
近くの開北小学校に避難後、大橋仮設に戻り普段、カーシェアリングで使用している車両で
給電訓練を行いました。
Photo_17-11-08-10-18-14.080.jpgPhoto_17-11-08-10-18-44.069.jpg
→みなさんで普段から使用している電気自動車の災害時の活用方法を学んでおけば、
 いざという時でも安心ですね。

<9.貞山小学校>
参加車両:プリウスPHV、村上先生のi-MiEV
参加人数:300名
児童の登校日、また町内会での炊き出し訓練や警察もかけつけての防災訓練となりました。
昨年に引き続き貞山小学校の教諭である村上先生の電気自動車にも協力していただきました!
IMG_20171105_110759.jpgIMG_20171105_110710.jpgIMG_20171105_110739.jpg
→学校近くの仙台トヨペット石巻店よりプリウスPHVに駆けつけていただきました!

<10.下釜第一町内会>
参加車両:プリウスPHV、i-MiEV
参加人数:300名
これまでは町内の会館で行っていましたが今年から町内会に
加入した三ツ股復興公営住宅で行われました。
近くの青葉中学校の生徒が避難者の受付をしたり、町内会が作成した防災MAPの配布が
給電訓練の他に行われていました。
Photo_17-11-05-16-26-40.288.jpg下釜1.jpg
→コーヒー片手に興味津々に車をのぞき込みます。

<11.門脇東、12.西復興公営住宅>
参加車両:プリウスPHV、門脇カーシェア会のi-MiEV
参加人数:160名
復興住宅の屋上や日和山に避難後、集会所集まり復興住宅に備え付けてある
かまどベンチ、マンホールトイレの組立を実際に行いました。
IMG_8311.jpgIMG_8306.jpg
→トヨタカローラ宮城さんが駆けつけてくださいました!
IMG_8431.JPGIMG_8429.JPG
→カーシェア会の電気自動車も参加。

<13.新西前沼第一、14.第二復興公営住宅>
参加車両:アウトランダー、i-MiEV
参加人数:90名
それぞれの集会所に避難後、避難MAPの配布とかまどベンチの組立も行われました。
その後もしもの際の避難生活を送る場所として蛇田中学校まで避難ルートを歩き、
三陸道津波避難階段を途中まで実際に上ってみました。
IMG_1706.JPGIMG_1708.JPG
IMG_1719.JPGIMG_1714.JPG

<15.向陽町内会>
参加車両:プリウスPHV
参加人数:90名
向陽小学校に避難後、第二ステージはお向かいのコミュニティセンターで行われました。
消防署の方が来て、AEDの使い方、負傷者の応急処置などを学びました。
23469116_889124174576073_1774547151_o.jpg23469196_889124141242743_2019440522_o.jpg23516320_889124217909402_394393838_o.jpg

ご協力いただいた皆様、心より御礼申し上げます。
今回は昨年より一ヵ所少ない15カ所での開催となりましたが、
トヨタ自動車様や県庁のご協力もあり新たな関係性や協力関係を
築くことができました。
防災ネットワークの構築に向けてこれからもこの取組を地域のために続けていきたいと思います。

< ご協力いただいた企業様 >あいうえお順にてご紹介させていただきます
株式会社トヨタレンタリース宮城様(http://www.trl-miyagi.co.jp/
オートモーティブエナジーサプライ株式会社様(http://www.eco-aesc-lb.com/
仙台トヨペット株式会社様(http://www.p-sendai.co.jp/index.html
トヨタカローラ宮城株式会社様(http://www.corolla-m.co.jp/
トヨタ自動車株式会社様(https://toyota.jp/
東北三菱自動車販売様様(http://www.tohoku-mitsubishi.co.jp/
ネッツトヨタ仙台株式会社様(http://www.netz-sendai.jp/
ネッツトヨタ宮城株式会社様(http://www.netz-miyagi.co.jp/
三菱自動車工業株式会社様(http://www.mitsubishi-motors.co.jp/
宮城トヨタ自動車株式会社様(http://www.miyagi-toyota.co.jp/index.html
宮城三菱自動車販売様(http://www.miyagi-mitsubishi.com/

<防災訓練の報告書はコチラからダウンロードいただけます>
posted by 日本カーシェアリング協会 at 23:58| Comment(0) | 奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする