2017年12月22日

株式会社JVCケンウッド様よりドライブレコーダーを協賛いただきました!

復興公営住宅などでコミュニティ・カーシェアリングの助け合いを実践される方々から、「ドライブレコーダーがあれば事故の時とか安心だなぁ」という声がありました。

地域の方々で共同で使用する車ということもあり、万が一の事故やイタズラの際に記録されると適切な対応ができるため、大きな安心感が生まれるということです。

JVCケンウッド様にその旨お伝えしご相談させていただいたところ、 非常にハイスペックなドライブレコーダー10台を協賛いただきました。

IMG_5543.JPG

【ご協賛いただいた商品】
ケンウッド ドライブレコーダー「DRV-610」

少し説明させていただきますと・・・ ※( )は私たち視点のコメントです

事故の時相手のナンバープレートもはっきりわかるほど、高画質の録画がされ(すごく奇麗!)
買い物での停車などの一時的なエンジン停止時にも動作し(乗り合い等で買い物によく行くのでバッチリ!)
前方の車との車間距離や信号が変わってからの発信が遅れた時の警告音等の運転支援等がある(高齢の利用者の方も多く、外出支援など安心!)

などの機能のある、非常に高性能なモデルなんです。


早速、各地域のカーシェア会(『コミュニティ・カーシェアリング』を実践するグループ)で活用している車に取り付けさせていただいたところ、みなさん、興味津々で大変喜んでくださいました。

IMG_9708.JPG

IMG_7933.jpg

IMG_0429.JPG

IMG_7950.jpg

仮設住宅からの引っ越しに無料で貸し出していて、日々多くの方々に使用いただいている電気軽トラックにも取り付けさせていただきました。

Photo_17-12-22-09-42-38.671.jpg

Photo_17-12-22-09-42-43.486.jpg

私たちの車の中で、カーシェア会で使用する車、比較的多くの方々が使用する車に随時設置させていただき、活動に大きな安心感をプラスしてまいります。

ご協力いただいた株式会社JVCケンウッド様に心より御礼申し上げます。


「JVCケンウッド公式ホームページhttps://www.jvckenwood.com/
「JVCケンウッド公式facebook」http://www.facebook.com/jvckenwood.jpn




posted by 日本カーシェアリング協会 at 12:11| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月18日

九州北部豪雨支援 ご報告

7月5日に発災し、福岡・大分で大きな被害を発生させた九州北部豪雨。
私たちは7月15日から現場に入り、被災者・支援団体への車の貸出を通じた支援活動を行ってきました。

9月末までは無料で、10月以降のご利用を希望される方には低価格での車を貸出を実施しました。

ブログ用チラシ.jpg

現場入りしたのは7月15日、発災から10日が過ぎたころでしたが、
被災地は本当に大変な状況でした。



被災直後の現場の様子。大量の流木で埋め尽くされている状況でした。




私たちはまずボランティアセンターや支援団体を訪問し被害状況やニーズを把握し、
被災して車が必要だと連絡をくれた方々との面談を実施しました。

20158494_1469969379715741_1012255980_n.jpg
被災された方へ利用方法などの説明している様子


それと同時に、九州近辺で車の寄付を募集し、車の受け取り、名義変更などの貸出の準備を進めていきました。

九州での車募集記事


20348019_1477209012325111_263962512_o.jpg 20348099_1477208928991786_2093725788_o.jpg
「復興の役に立てば!」と想いが込められた車を多数ご提供いただきました。




一方、石巻では、7月19,20日の2日間、株式会社オートバックスセブン様にご協力いただき、
計11台の車を福岡へ運び出しました。
IMG_0029.jpgIMG_9991.jpg
この中の1台は石巻にお住まいの方が、九州の困ってる人の助けになるなら、とご寄付いただいたものです。

  

メディア掲載


7月25,26日に、石巻からの車たちが福岡に到着し、希望者へ向けて一斉に貸出を実施。

「車がないと家に帰れない」、「車以外の交通手段がない地域なので…」と、皆さん車の必要性を語っていました。

ようやく被災者の皆さんに車を貸し出すことができ、ホッと安堵した瞬間でもありました。


20354111_1071480639651955_1205583362_o.jpg 20394823_1071465569653462_1991565191_o.jpg


この日以降も、ボランティアさんにご協力をいただきながら、車の受取や貸出を行い、
計29台の車を運用し、被災された個人・支援団体などへ、延べ41件の貸出を実施しました。

無料期間終了後の長期貸し出し件数は4件です。
福岡・大分でスートンローリーが走ってる姿を見かけたら教えてくださいね。



災害支援の役目を終えた車たちを石巻に戻すため
オートバックスセブン株式会社様・オートスタッフ北九州有限会社様にご協力いただき冬タイヤへの交換を実施。
12月13日に商船三井フェリー株式会社のご協力のもと、6台の車をフェリーに積み込みました。

IMG_20171213_100631.jpg





支援活動を行うにあたって、我々がいただいたご支援についてご紹介させていただきます。
(ここでご紹介するのはほんの一部であり、車の提供や活動資金の寄付など本当に沢山の方に応援していただきました。)

◎日本財団 様
災害支援に必要な活動資金の助成
24167117_1143075492492469_1291281711_o.jpg

◎株式会社オートバックスセブン 様
石巻⇒福岡への車の運搬、冬タイヤへの交換
IMG_20171209_120236.jpg


◎オートスタッフ北九州有限会社 様
冬タイヤへの交換、廃車作業
清水さんタイヤ交換.jpg



◎商船三井フェリー株式会社 様
博多港⇒東京港への車両海送
IMG_20171213_094541.jpg


◎ルート産業株式会社 様
車両の運搬や東京から石巻へ運ぶまでの車の保管、物資支援

Photo_17-12-15-12-23-40.552.jpg



☆Special Thanks
かずこさん
私たちの現場入り直後から私たちのベースとして寝床と車の駐車スペースをご提供いただきました。
見ず知らずの我々の健康を気遣っていただき、時には栄養たっぷりの食事を作ってくれました。
かずこさんの優しさに何度も助けられました。ありがとうございました!
DSC_0590_1.jpg






最後に・・・
車を利用された被災者から、車を提供してくれた方へのお礼のメッセージを紹介します。
Photo_17-12-18-14-25-55.412.jpg



「私の車が復興の役に立つのであれば」と寄付をいただいた車たちは、
この手紙にある通り、被災された方の生活再建への新たな一歩を踏み出す力になったと確信しています。

お車を提供いただいた皆様、呼びかけにご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。


今回の災害支援を通じて私たち自身も沢山の人たちの優しさにふれることができました。

長期利用の一部の車は引き続き活用は続きますが、緊急での役割を終えた車を運び終えた今月
日本カーシェアリング協会としての支援活動は一つの区切りを迎えました。
この経験を糧に、車を使ったより大きな社会貢献の仕組みを作っていきたいと思います。

これからも遠く石巻から被災地の復興を応援していきます。
今回関わってくれた全ての皆様に御礼申し上げます。

ありがとうございました。



posted by 日本カーシェアリング協会 at 15:37| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月07日

『地域おこしレンタカー』と『お運び無料レンタカー』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【日本カーシェリング協会メールニュースvol.31】2017年12月6日
   ◆『地域おこしレンタカー』と『お運び無料レンタカー』◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
色々と協力を募集させていただいた仮設住宅移築プロジェクトは
無事11月15日に落成式を迎え、その後引っ越しを終えました。
のべ355名の方々の協力の下、解体し、運び、組み立てられた
拠点は、木の温もりを体中で感じ、窓枠から床の隅々に至るまで
愛着を感じることのできる最高の場所となりました。
ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。

落成式の様子、引っ越し後の新しい拠点の様子は下記に
紹介いたしましたのでぜひご覧になってみてください。
本当の味わいは来てみないとわからないので、
ぜひ一度足を運んでみて下さいネ。

【仮設住宅移築プロジェクト〜落成お披露目会〜】
http://japan-csa.seesaa.net/article/455305516.html
※新住所:〒986-0813 宮城県石巻市駅前北通り一丁目5番23号


さて、私達は新しい拠点を構えることになり、新たな決意の下で
再スタート致しました。その気持ちを目いっぱい注いだ2つの
新しい事業をスタートさせました。
今日はそのご紹介をさせていただきます。


≪1.地域おこしレンタカー≫


☆★☆牡鹿・雄勝・北上エリア応援企画!☆★☆

レンタカー代最大2,000円キャッシュバック付き
「石巻地域おこしレンタカー」

◎企画詳細
私たちのレンタカーを使って移動し、この3エリアで営業されて
いる協力店で1,000円以上のお買い物すると、レンタカー代金が
500円割引されるスタンプを押してもらうことができます。
(1店舗につきスタンプ1つまで、最大4店舗分まで)
車の返却時にスタンプの数だけレンタカー代をキャッシュバックする、
とってもお得なレンタカーです!

◎私たちの想い
東日本大震災以降、牡鹿・雄勝・北上のエリアはアクセスが悪く、
観光客の数が減少しています。美味しい食べ物、きれいな景色など
多くの魅力があるにもかかわらず、交通の便が悪いがために、
あまり知られていないのはもったいない!と思っていました。
もっと気軽に足を運べるようにしたい。沢山の人が訪れることで
この地域を元気にしたい。そんな想いから、全国から寄付で集まった
私たちの車を活用した、地域を応援するレンタカー企画を始めること
にしました。
協力店は現在25店舗!今後もどんどん増えていきます!

一覧は下記ブログよりご確認ください!
https://t.co/N0rfFdcyUQ

【地域おこしレンタカーチラシpdf】
http://japan-csa.up.seesaa.net/im…/chiikiokoshi-rentacar.pdf

お得なキャッシュバック付きの地域おこしレンタカーで、
牡鹿・雄勝・北上さございーん!
協力店や企画の詳細は、お気軽に協会までお問い合わせください。


****解説****

この春OPEN JAPANの古民家再生プロジェクトでOPENした
「牡鹿半島食堂いぶき」の応援企画として期間限定で
行ったキャッシュバックレンタカーですが、蓋を開けると
いぶきへの来店のきっかけ作りや売り上げに貢献し、
利用者や店の満足度が非常に高い結果を作るすることが
できました。
要は、この企画はそれを石巻市内の半島沿岸部全域に広げて
展開致します。

【GWは、カーシェアレンタカーで牡鹿半島食堂 いぶき へGO!!】
http://japan-csa.seesaa.net/article/449472262.html

今年度から石巻市が総務省の行っている『地域おこし協力隊』
の制度を利用して隊員を募集し、私たちは隊員の受け入れ事業者
として採択されました。石巻第1号隊員の石渡君がこの事業を
立ち上げてくれました。
彼は1店舗、1店舗足を運びながらその店の魅力や特徴を
感じながら協力店を増やしています。
この企画は単に格安の移動手段というだけでなく、
牡鹿・北上・雄勝の魅力を、利用者の皆さんに、
きちんと伝える事も実現したいと思っています。
私たちなりの「地域おこし」、を追求し取り組みを一歩ずつ
発展させてまいります!


≪2.お運び無料レンタカー≫

☆★☆石巻への運搬条件付き1ヵ月無料のレンタカー☆★☆

1ヵ月無料で軽自動車をお貸しします。但し、返却は石巻まで!
『お運び無料レンタカー』(申込締切:12/8まで)

九州北部豪雨支援で活躍し、役割を終えた軽自動車を福岡から石巻まで運び、
新たに活用したいと思ってます。そこで、最大1ヵ月間、車を無料で
お貸しするので、その代わりに石巻に返却いただける方を募集します!

●東北方面を目指し、じっくり旅行されたい方
●九州方面から東北方面に引っ越しされる方
●九州から東北方面に帰省される方

申込締切:12月8日(金)12時まで
貸し出し期間:12月9日(土)〜1月31日(水)の間で最大1ヵ月
貸渡場所:福岡県久留米市(福岡県内相談に応じます)
返却場所:宮城県石巻市(日本カーシェアリング協会新事務所)
車両:中古の軽自動車(軽トラあり)※台数に限りがあり。
   ※全てスタッドレスタイヤ交換済みです。

<お申し込みから返却までの流れ>
@お申込み(お名前・ご連絡先・利用期間をお知らせください)
Aご説明(申込手続き)※お電話とメール
B車の貸渡し(福岡県久留米市)※福岡県内相談に応じます。
C車を満喫(最大1ヵ月)
D石巻で返却


****解説****

熊本の支援活動で使用していた車を石巻まで運ぶのに
福岡から福島まで引っ越す方が軽トラを自分の荷物と
共に運んでくれたことがありました。

単なる運搬ボランティアとは少し性質の異なった、
お互いにとって建設的な小さなタイアップが生まれたの
を感じました。
オセアニアのモビリティを調べている際、こうした
ニーズをマッチングさせるシステムもありそこも参考に
しながら、いつものように「よし、やってみよう!」
で始めることにしました。

この仕組みがうまく機能すれば、災害支援の際、返却
の心配をせずに安心して遠くに車を運べるようになります。
まずは、10台のうち1台でもこの仕組みで車を運べたらと
思ってます。締め切りまで日がありませんが、
ぜひ、対象となりそうな方に案内いただければ幸いです。

★☆

「よし、やってみよう!」のスタンスで、これからも
石巻を舞台に様々な挑戦を繰り広げたいと思います!


────────────────────────────
 ◆編集後記
────────────────────────────
11月5日に防災訓練がありました。今年も石巻市内の15箇所で
車から電気を取り出し活用する訓練が行われました。
今年は、これまで行ってきた電気自動車だけでなく、
様々なご協力の下、ハイブリッド車や水素自動車も各会場
で活躍しました。
ご協力いただいた皆様に心より御礼申し上げます。

【石巻市総合防災訓練レポート2017】※活動報告です。
http://japan-csa.seesaa.net/article/454862314.html

────────────────────────────
 ◆ご協力のお願い
────────────────────────────
【軽自動車・軽トラック・大型車(7人乗り以上)募集】
被災地で活用させていただく車両を募集しています。
カーシェアリングはもちろん、引っ越しや、就業や、
コミュニティ作りのための貸し出し等様々な地域貢献活動に
活用させていただきます。

【ご寄付の募集】
活動費として活用させていただきます。
ゆうちょ銀行:記号:02220-9 番号:120559
(店名 二二九 店番229 当座 0120559)
口座名:「一般社団法人日本カーシェアリング協会」

【賛助会員募集】
日本カーシェアリング協会では当協会の趣旨に賛同し、賛助会員
として当協会活動を支援してくださる個人や団体の賛助会員を
募集しております。
詳しくはコチラをご参照下さい。
http://www.japan-csa.org/03.html

【カーシェア応援団ステッカー販売中】
http://japan-csa.seesaa.net/article/433243654.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇メールニュースの登録・停止◆

登録(登録するアドレスからメール): mailnews-apply@japan-csa.org
退会用URL: http://www.japan-csa.org/xmailinglist/mailnews/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇発行元◆◇

一般社団法人日本カーシェアリング協会
吉澤武彦
〒986-0813 
石巻市駅前北通り一丁目5番23号
TEL 0225-22-1453 FAX 0225-92-7820
E-mail:info@japan-csa.org
ホームページ:http://japan-csa.org/
Blog:http://japan-csa.seesaa.net/
Twitter:http://twitter.com/#!/JapanCarSharing
Facebook:http://www.facebook.com/japancsa
posted by 日本カーシェアリング協会 at 09:38| Comment(0) | メールニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする